借金返済のための節約ナビ

当サイトでは、借金があって、それを早く返済したいと考えている方のために毎日の生活の中でできる借金返済のための節約方法を指南しています。 生活の中での支出を減らすことができれば、その分を借金返済に充てることができ、早期の完済を実現することができます。

水の流しっぱなしに注意

蛇口

水道代を節約するための基本はまず「流しっぱなしにしない、常に止める」ということです。 借金返済方法として、水道代や光熱費を減らすのは基本事項です。 洗い物をする、トイレで用を足す、お風呂に入る、とどれも生活するうえでは水を使わずに暮らすことはほぼ不可能です。 必ず使うものだからこそ、できるだけその時間を短くするよう気をつけることで水道代を出来るだけ節約し、浮いた金銭を借金返済に充当するようにしなければなりません。

まず毎日の歯磨き、借金の返済中で節約すべきなのに磨いている間ずっと水を出しっぱなしにしている人はいませんか? 大体の目安ですが、1分間水を流しっぱなしにしているだけで6リットル程度の水が出しっ放しになっていると言われています。 つまり、歯を磨いてる時間というのは大体3分ぐらいですから、相当な量の水を使っていることがわかります。 借金返済中でお金が必要にも拘わらず、これが毎朝毎晩、毎日…と考えると相当な量の借金返済に充てれる金銭を無駄にしているということになります。 借金返済で大変な状態にも拘わらず、浪費をしている状態と言えます。 洗い物をしている時も同じことが言えるので、流しっぱなしにせず使う時にだけ出すようにしましょう。 そうすれば、効率的な借金返済方法に一歩近づくことができます。

借金返済方法として節水グッズを活用しよう

便利なグッズを活用して水道代を節約するのも、借金返済方法として良い手です。 シャワーヘッドを節水仕様のものに取り替えるだけで簡単に節約できるアイテムですが、最近は一般的に売られるようになったのでご存知の方も多いはずです。 日用品売り場などで比較的安い値段で売られていて、簡単に自分で交換することができます。

日常で最も使用頻度の高い場所と言えばトイレですが、ここも効率的な借金返済方法として水道代節約を一番気をつけなければいけないところです。 タンクの中にペットボトルを入れて節約するという方法は一時期話題になりましたが、実は故障の原因になることもあります。 修理代が掛かることもあり、早期の借金返済にとっては逆効果となることもあるので出来れば避けておきましょう。 かといって借金の返済を意識しすぎて流す回数を減らすのも汚れの原因になりますので、トイレはその都度流しておきましょう。 ただし、大・小のレバーを用途に応じて使い分ける工夫は出来るはずです。 そこだけは借金返済を早期に終えるための方法(ノウハウ)として、気をつけるようにします。

あとは洗濯物はこまめにしすぎずある程度まとめてするようにする、お皿のひどい汚れはいらない布で拭いてから洗うようにすると水の使用量を減らせる、等々少し気をつけるだけで節約になります。 早期の借金返済を考えているなら、できるだけ生活費を抑えることを考える必要があります。

お金を稼ぎ出すのは難しいですが、支出を減らすという借金返済方法を採ることで、割と楽に予定より早く借金の完済が実現できるはずです。 借金返済方法を考える場合には、収入を増やすことより支出を減らす方法を先に検討するようにしましょう。

職業安定所紹介の借金を返済

借金にまつわる私の友人の話を紹介したいと思います。 友人が、数年前に長い間勤務していた会社を辞めてしましました。

長らく続く業績不振で企業がリストラを進めていったからです。 当時、契約社員だった友人にも肩たたきがはじまったそうです。

結局、友人は耐え切れなくなり、辞めるということを選択し失業した訳ですが、自己都合扱いということになり、失業保険の支給が始まるのは3ケ月後だったそうです。

その間も当然、生活費は必要になるのですが無収入です。 貯金もなく、困り果てた友人はクレジットカードのキャッシングなども考えたそうですが、利息が高そうなのとこれから先、就職がきちんと決まると言う保障もないことから返済していく自信もないので借金を断念したそうです。

職探しに職業安定所に毎日通ってはいたそうですが、年齢も若くはなくこれといった職がなかなか見つからない日々が続いていました。 職安からもらった数枚の書類になんとなく目をやると、「就職すると借金返済額が二分の一に」という言葉が目に飛び込んできたそうです。

早速、詳しいことを聞くために職員のところへ行ったそうです。 説明によると、国がその時行っていたことですが、雇用保険に入っていた人で失業中の人は借金を40万円を上限に借りられたそうです。

利息もすごく安くて、毎月少額の分割で4、5年かけて借金を返済すれば良いとのことでした。 しかも驚いたのは、借金してから2ケ月以内に就職して就職先で証明をもらい、指定の書類を提出して手続きすれば、借金返済額の半分は返さなくてよいという優遇条件があったことです。

友人は、残念ながらその優遇条件は使えませんでしたが、今では全額、借金を返済したそうです。

2度目の債務整理でもう後はない

実は1度債務整理をしています。

借金の理由はほんの些細なことで、足りなくなった生活費に充てるために10万円借りたのが最初でした。 最初は本当に生活費だったのですが、2回目以降はありとあらゆることのための借金です。 あまりにも簡単に借りられたのが悪かったのか借金への抵抗が無くなってしまい、次から次へと借りてしまいました。 結局数百万円単位まで膨らんでしまい、借金返済ができない状態になりました。

そして個人再生という債務整理を行い、大幅に減らすことができたので借金もすぐに返すことができました。 しばらくは真面目に過ごしていたのですが、喉元過ぎれば熱さ忘れるでまたも浪費と借金への欲が湧きでてきました。 ちょっとお金を借りたら欲しかった物も買えるかもしれない、そんな風に思ってしまったのです。

債務整理も6・7年過ぎれば大丈夫!そんな話を聞いていたのですが、8年経ったころに試しに申し込んでみたところ本当に借りることができました。 すぐに返済すれば大丈夫、そんな思いで再度キャッシングをしたのですが、またも前と同じ様に次から次へと借金をするようになりました。 多重債務者になり借金返済地獄に陥るまで、そう時間はかからなかったです。

結局またも払えない状態になり、司法書士事務所にて2度目の債務整理の相談をしています。 さすがに3度目はもうない!というよりもあってはならないと思います。 つくづく自分の馬鹿さ加減が情けなくなりますが、自暴自棄にならず地味に生活を続け無借金生活を目指します。

派遣社員でボーナスもなく借金返済は膨らむばかり!

家族にも借金返済をしていることを言っていませんし、職場でも借金しているなんて態度はみじんも出していません。

お金に困っているなんて雰囲気を出してしまったらバカにされそうで少し見栄を張っています。 以前は派遣社員でもとても簡単にキャッシングができたんです。 でも体調を崩して少し会社を休めば、ダイレクトに収入に響いてしまいます。

月収が少ない月もあるしボーナスもなし、キャッシングが手放せない生活になりました。 もう消費者金融の借金返済だけで精いっぱい、ついには家賃を滞納してしまいました。 キャッシングの借金返済が優先、敷金があるから2ヶ月までは追い出されずに済むかなと思い、ずっと滞納状態が続いています。

借金返済を優先にしていたのですがついうっかり約定日に遅れてしまい、携帯電話に消費者金融から連絡があったときはドキッとしました。 ドラマのように怖い督促電話はありませんが、やっぱり連絡がくるだけで胃が差し込むように痛いです。 あまりのストレスに耐えかねて、勇気を出して実家の両親に相談しました。

もっと早く相談するように叱られてしまいましたが、借金返済を代わりにしてくれました。 いい歳をして親に迷惑をかけて情けない気持ちでいっぱいなのですが、借金のストレスからは逃れられるようになりました。 しかし、収入が不安定な現状は変わっておらず、このままいくとまた借金返済で地獄状態になってしまう恐れがあります。 このまま就職活動を続けて正社員入社を目指そうと思っていますが、田舎に帰って家業の手伝いをするのも選択肢に入れています。

私の借金返済体験

皆さんは借金生活を経験した事があるでしょうか。 私はあります。 かつて総額で270万ほどの借金返済を抱えていました。 原因は大学進学の学費に使った奨学金です。 皆さんの中には奨学金を軽く考えている方もいらっしゃるでしょうが、とんでもないです。

奨学金は借りるのは簡単です。 そして利子も少ないです。 だからこの借金を軽く考える人がいるわけですが、これが大きな間違いなのです。 考えてみてください。 大学を卒業した新米が、300万円とか500万円とかの多額な借金をするわけです。 当然社会に出て生活していくのにそれなりのお金がかかりますし、また税金や保険料等も取られます。

それなのに奨学金をどかっと返済しなくてはならないのです。 その上それなりの給料をもらえる会社に就職できるとは限りません。 就職出来たとしても長い借金返済生活の途中で失業したり、病気で働けなくなることもあります。 それでも日本学生支援機構は容赦なく借金の返済を迫ってくるのです。

「奨学金返さないぞデモ」というのが昔あったそうですが気持ちは分かります。 それくらい返済生活は長く厳しいのです。 私も「基本的に外出しない」という戦術を使ってようやく借金を返済しました。 これは支出の元である外出を極力控えてその分浮いたお金を返済にまわす戦術ですが、これをしていなかったら私はまだ返済街道を歩いていたでしょう。

普通に決められた分だけ毎月返していたらそこまで厳しくは無いでしょうが、それだと15年から20年かかります。 このご時勢15年ローンでお金を返すなど悠長なことはしていられません。 だから私は5年ほどで借金を完済しましたが、もう二度とあんな目には会いたくありません。

お金を借りた妹の友達

妹の大学時代の友達の話です。 妹には仲の良かった男性友達がいましたが、不幸な生い立ちがあり、彼が小さい頃、実の父親は借金を作って蒸発したそうです。 詳しい事は知らないのですが、蒸発して以来1度も再会する事はなかったそうです。 そして、彼の母親も父親が残した借金の返済をしながら、息子を育てていたそうなのですが、借金の返済が追いつかず、彼自身も学生時代からアルバイトを掛け持ちし、実家にお金を入れていたそうです。 もちろん大学の授業料は奨学金を借りていたそうです。

妹も彼の両親に、借金がいくらあるのか詳しくは知らなかったそうなのですが、大学卒業して暫く経ってから、彼から妹に、お金を貸して欲しいと電話があったそうです。 何でも自分で事業を始める為、資金が必要だと言う事でした。 まずは3万円でいいから、とりあえず貸して欲しいと言われたそうです。 そして、事業を一緒にしないかと妹に話があったそうです。 妹以外にも、学生の頃の友達にも、お金を借りていて、すでに幾らか借金を作っていたそうです。

お金を貸した共通の友達と連絡が取れる事になったので、色々話を聞いていたそうです。 そして、彼には5万円を貸したそうですが、勿論その借金は返済されておらず、そのまま電話番号が変わってしまい、こちらからは連絡が取れず、愚かな事をしてしまったと、泣き寝入りしたそうです。 妹に、この話を聞いて、お金が無い人にお金を貸しても返って来る見込みは無いのと、親しき仲でもお金の貸し借りだけは絶対にすべきで無い事を伝えました。

現に、他に貸した友達が借金を返済してもらえない被害にあっているのです。 妹は怖くなって、二度と連絡が取れない様に携帯の番号も変えて彼からのLINEなどもブロックしたそうです。 風の噂で、彼も何処かに消えてしまい、今何処で何をしているのか、借金は返済できたのか、何も分からないそうですが、お金と共に、彼はかけがえの無い友人を沢山無くしたそうです。 彼も、彼のご両親と同じ様に借金の返済に悩まされ今後も生きて行くのかと思うと何だかやるせない気持ちになりました。